楽器・ソルフェージュ・その他

あびる竜太

担当:ジャズ・ラテン
ピアノ


1971年東京生まれ、幼年よりピアノを学び東京音楽大学付属高校に入学。
ピアノ科を首席で卒業。
高校在学中パーカッショニスト菅原裕紀に出会い衝撃を覚えミュージシャンを目指す。
高校卒業後 アメリカ、ボストンのバークリー音楽大学に入学,ハープポメロイ、セシルマクビー 、ジェフコウベル等に師事。
帰国後、ジャズを基盤にライブ、バックバンド(雪村いずみ等)、スタジオワーク等で活動。 邦楽奏者、浅井大美子との共演でラスベガス、マイアミ公演にも参加。
後にラテンミュージックに傾倒しキューバにてラテンピアノをパウリートFG、グルーポニーチェのピアニスト,セルヒオロニョーナ 又 アフロキューバンオーケストラのアルチェランに師事した。
宮地 傑(t.sax)のリーダーアルバム、<ウエザーアイズ>, <フュチャースイング>、<ビーツン カラーズ>、塩川光二(sax)<しかり>、原田俊太郎(drs)<CONTINUATION>、など、参加アルバム多数。
タレントで歌手の斉藤こずえのアルバム<Whatever>では演奏とアレンジ全般を担当。
2011年4月 リットーミュージックより5人のピアニストによる共同著作の教則本、<ジャズピアノ塾~賢人20人から学ぶ”ジャズらしい弾き方”>を執筆、全国発売される。
また最近ではODT+ストリングスカルテット(ストリングスや作曲アレンジ全般担当)や自己のラテンジャズカルテット、RAPD(メンバー、北原実(B)、藤井摂(drs)佐藤英樹(Prec)、)でのライブ活動もおこなっている。その演奏スタイルは、(ジャズ(ビバップ)の基盤に裏付けされたリリカルな旋律とラテンの躍動感が絶妙に交錯する独創性豊かなスタイル)と評されている。
またボストンでチャーリーバナコス直系のレッスンプロ、ジェフコウベルから学んだ経験を生かしたレッスンにも定評がある。

HP : http://www.geocities.jp/abiruryuta/

【一言コメント】
作曲や演奏能力の向上はすぐに望めるものではありませんが、地道な反復練習をくり返し色々な音楽や芸術に触れセンスを磨いていけば身に付いていきます。最初はなんでも模倣から始めて自分独自の音楽がだんだんと築きあげていければ理想だと思いますが、その過程の中で、自分が一番好きな物や自分にあったやり方、などが理解できてくると思います。アメリカやキューバで私が学んできたものや経験してきた物が少しでも生徒さん達に役立ってくれればと思っています。ゼロからのスタートでも努力していけば必ず身に尽きます。一緒にがんばりましょう。

森 真奈美

担当:ピアノ弾き語り


東京都出身。おうし座、AB型。国立音楽大学附属中学・同音楽高等学校を経て同大学作曲学科卒業。
卒業後、演奏、作曲、アレンジ、指導などさまざまな分野で広く活動を続けている。
ベネッセコーポレーション『こどもちゃれんじ』、株式会社コーエー『金色のコルダ』、『石田彰の越前屋』(携帯コンテンツ)ほか、多くの音楽制作や演奏に携わる。
指導の分野ではヤマハにて成人趣味層のピアノ指導者向けの講座、ブロードバンド配信番組の企画、出演、教材の執筆等を担当。
『大人のための リズム感を鍛えるピアノ・エクササイズ』、『絶対! うまくなる ピアノ 100のコツ 』『バイエルでこんなにひける! たのしいピアノレパートリー1』(ヤマハミュージックメディア)、『知識ゼロからの大人のピアノ超入門』(幻冬舎)ほか教則本、ピアノ曲集など著書多数。
近年は音楽ライターとしてライブや楽器レビュー、音楽家へのインタビュー記事などの執筆も多く手がけている。

HP : http://manamimori.com

【一言コメント】
歌とピアノ、どちらも魅力的に聴こえるように、丁寧に磨きをかけて行くコースです。イントロやエンディングの作り方、曲の構成を活かしたピアノのアレンジなど、弾き語りのコツを分かりやすくレクチャーします。アーティストがステージでどのように自分を表現しているか、といった分析・研究も交えて質の高いパフォーマンスを目指します。弾き語りが初めての方はもちろん、すでにステージで歌っていらっしゃる方にもオススメのコースです。

木村紘美

担当:ピアノ


幼少期よりピアノを始める。
青山学院大学卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美芸術表現アカデミー学科ピアノ専攻を卒業。同校第二回同窓会演奏会、その他ジョイントコンサートなどに出演。
ヤマハ系列楽器店でのピアノ講師を経て、S&S Entertainment School キッズピアノクラスの指導にあたる。
Facebook
Twitter : @kimukimugucchi

【一言コメント】
ピアノが楽しく弾けるよう、丁寧にレッスンをしていきます。ピアノを弾くことで、音符のルールを理解したり、聴く力や、リズム感を養ったりと、音楽を総合的に学ぶことが出来ます。これは、大人になっても役にたつ財産になります!音楽と末長く付き合っていく、お手伝いをしたいと思います。

漆戸啓

担当:作詞・作曲


1995年いとこ同志のヴォーカルユニット、カズンでKioon Sony よりデビュー。サッポロビール冬物語CMソングで70万枚のヒットとなった「冬のファンタ ジー」、インディーチャート1位を獲得した、NHK列島縦断鉄道12000㎞の旅テーマソン グ「風の街」他、作詞作曲からアレンジ、テレビ音楽、映画音楽、他アーティスト楽曲提供、プロデュース等多数手がけている。

HP : http://www.hiroshiurushido.com

【一言コメント】
世界中のどこにもない、あなただけのオリジナル楽曲の制作をしましょう。作った事がなくても大丈夫。あなたの感じたキュンとした瞬間があれば、そんな事から歌が作れるものです。キュンとするような歌を作って、今度は聴いてくれる人をキュンとさせちゃいましょう。そんな歌を作るコツをつかむ事が大事です。そんなコツをお教えします。弾き語りを目指しても良いですね。

佐藤誠

担当:ギター


東京都南砂町に生まれる。
1981年武蔵野音楽院で宮の上貴昭、吉田啓二氏に師事、卒業後、潮先郁男氏に師事、横浜にてギターインストラクターをするようになる。その後渡米し、スコット・ヘンダーソン、ジミー・タンネル、などにクリニックを受け帰国後、アメリカ人等とバンド活動をする。
その後光GENJI 諸星和己、赤坂晃ソロツアー、ディナーショウに参加、その他にも少年隊、近藤真彦、カズン、成田昭二、岡本真夜 、KAN、松田樹里亜、KATSUMI、東野純正、秋元順子、岩崎良美、テゴマス等TV出演やサポート、レコーディングをするようになる。
1997年よりペドロ&カプリシャスに参加しメキシコ、キューバ、コンサートツアーに参加し、メンバーとなる。現在4枚のアルバムに参加して発売中である。
1992年より、近藤真彦復活コンサートでのサポートギターで、武道館を皮切りにコンサートツアーに参加。
その他、フォーリーブスの青山孝志ソロライブ、早見優、宝塚OG乳がん撲滅チャリティーコンサート、加納ひろしライブツアー、秋元順子、一条聖矢、小金沢正司(演歌)リサイタル、島田歌穂主演ミュージカル『ライト イン ピアッツア』(音楽監督:ピアニスト・島 健)にも参加。
また、カズンの古賀 泉とのコラボによりR40というユニットで、アルバム『君が眠った後に』(キャンディレコード)を2009年9月25日に発売。現在もライブ活動中。

HP : http://www.itsumo-music.jp/makoto/

【一言コメント】
やはり「好きこそものの上手なれ」という言葉どうり、好きではなくてはなかなか上達しません。レッスンの時だけギター練習しても、まず足りません。好きで毎日弾いてます、という事が大事です。教え子の中には、JUJUやケミストリーのサポートギタリストまで成長してくれた教え子が数人います。彼等を教えてわかった事は、本当に好きで毎日弾いていました。練習量も大事ですし、内容はもっと大事です。その内容を決めてあげるのが講師の役目なのです。何から手を付けていいのか悩んだ事はありませんか? 講師は、この人はこうした方がいい!と、道案内役してあげられるのです。やる事は沢山あります。まず、一歩踏み出さなければ先が見えてきませんね? シンガーソングライターを目指すのもギタリスト目指す方も大丈夫です。一緒に踏み出しましょう!