ヴォーカルコース

tekkan

大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。音楽と同時に舞台にも興味を持ち、数々の作品のオーディションに合格し、「ひめゆり」「キャンディード」「レ・ミゼラブル」「MOZART!」「ミス・サイゴン」に出演。音楽面では、CD「In My Heart」「LOVE of My Life」をリリースなど、シンガーソングライター、舞台アクターとして活躍中。

BLOG:http://ameblo.jp/tekkan223/

【一言コメント】
音楽は本当に奥が深いです。答えがないのにそれをさがそうとしているのだから、レッスンを受けるほうも教えるほうも並大抵にはいきません。しかも人の声は100人いれば100人とも違います。トレーナーはただ、あなた自身の声を一緒に探すお手伝いにしか過ぎません。一緒に世界に一つしかないあなたの声(音楽)を探しましょう。

武知 綾

徳島県出身

東京女子大学文理学部英米文学科卒業。
武蔵野音楽大学作曲学科卒業。

4歳よりピアノ、その後吹奏楽を経験し作曲を始める。
声楽を黒川和子氏、ヴォーカルをSetsuko氏、作曲を川辺真氏、ピアノを菅沼綾子氏に師事。

大学在学中にインディーズ映画の劇中音楽を作曲、主題歌を歌う。
自身もシンガーソングライターとして吉祥寺Mandala-2、代官山NOMADO、四谷天窓comfort等の都内ライブハウスで活動。アーティストのピアノサポート、楽曲提供も多数行なう。コーラスグループななころに所属。

S&S Entertainment Studioのテーマソング『シアワセのパレット』やS&S Live vol.50の中のショーライブ 『My Reason To Live』のテーマ曲と挿入歌の音楽制作を担当。またS&S Kidsミュージカルコースオリジナル作品のテーマ曲を2016年より毎年作曲している。その他、企業社歌の作曲等も行っている。

ボイストレーナーとしては、“声を育てる”という観点で一人一人の生徒さんの歌唱技術、表現力を伸ばすことはもちろん、人間的魅力を引き出していくことをモットーとしている。

トレーナーとして20年の経験を活かし、初心者からプロの方までニーズに合わせた丁寧な指導を行う。
譜面の読み書き、作詞作曲、ピアノ弾き語り、コーラスワークまで総合的に学ぶことができるレッスンには定評がある。更にはハーモニーセンスと多様なジャンルを作り出す柔軟さを基に、楽曲制作の面でのサポートもこなす、守備範囲の広いトレーナーである。

子育て中の経験を活かしながら、子育てボイストレーナーとして2019年よりMama&Babyうたおうクラスを担当。

Facebook : https://www.facebook.com/takechitake
Twitter : @takechitake

【一言コメント】
「あなただけの個性や魅力を倍増させて、明るく楽しく熱く共に学んでいきましょう!」

吉田恵美

担当:ヴォーカル Kidsヴォーカル ショークワイア(グループレッスン) ソルフェージュ


宮城県出身

玉川学園女子短期大学卒業
武蔵野音楽大学声楽学科卒業

声楽を金光良美氏、ヴォーカルをSetsuko氏、ピアノを遠藤裕子氏、
ソルフェージュを泉炎氏に師事。

日演連推薦演奏会にて仙台フィルハーモニー管弦楽団との協演。
サントリーホール ブルーローズ、白寿ホール等都内主要ホールでのコンサートに出演。JAZZやポップスなどのライブにも出演。
スタジオミュージシャンとしてレコーディングやライブでの、アーティストのバックコーラスも行う。
ソロ活動だけではなく、コーラスグループ“ななころ”に所属する。
また、指導者としては、声優系専門学校にて7年間指導にあたる。

S&S Entertainment Studio主催のS&S Live vol.50ショーライブ『My Reason To Live』ではオリジナル楽曲のコーラス作曲を担当。
ヴォーカル指導を担当するショークワイアクラスでは、楽曲アレンジとコーラス制作も行う。

ボイストレーナーとしては、“現場に活きるアーティスト育成”をモットーに、ソルフェージュ的要素を取り入れながら、解剖学の見地からみた繊細な声作りと、アーティストのもつ本来の魅力を引き出すレッスンを行う。

S&S Entertainment Studioではヴォーカル、キッズボーカル、ショークワイア、ソルフェージュの指導にあたる。
クラシック・ミュージカル・ポップス・アニソンまで幅広く対応。

事務所所属者のレッスンを中心に、オーディション対策、音大受験、宝塚受験などの実績ももち、受験合格者やミュージカルの分野においても『アニー』『ライオンキング』『RENT』などの通過者を出している。

ソルフェージュ面でも大人やプロのミュージシャンや役者からの定評のある指導を行う、理論からステージングまでの多角的なサポートをするトレーナーである。

Facebook : https://www.facebook.com/emi.yoshida.982
Twitter : @daemisingen

【一言コメント】
「パフォーマーの良さを引き出す事!永く現役であり続けられる発声作り!を モットーにしています。」

しげる
(from.THE NEUTRAL)

ヴォーカル・作詞


兵庫県姫路市出身の4人組ロックバンドのヴォーカル。

THE NEUTRALは
1998年1月結成。
1999年1月地元ライブハウスでの初ワンマンライブで前売りチケットSOLD OUTさせる。
2003年1月、「チャンスはそこだ!!」でDreamusicよりメジャーデビュー。
2009年2月3日誰も知らない泣ける歌に出演。
2010年10月からはFM横浜でラジオのレギュラー「Yokohama Fanfare」が始まる。
2013年10月23日デビュー10周年を記念してBEST ALBUM「THE NEUTRAL BEST」を発売。
BEST ALBUM「THE NEUTRAL BEST」に収録されている「かぞくのじかん」が有線CANシステムで問合せランキング2013年10月度、11月度が3位、12月度が4位、2014年1月度では2位にランクインする。
2016年1月27日10組のアーティストからなる「vocal power」で、ユニバーサルミュージックから自身2度目のメジャーデビュー。

 

Twitter  : @shigeru_neutral
 

【一言コメント】
『人を惹きつける歌声を』歌は上手に越した事はありませんが、誰かに聴かせてこその歌だと思います。歌っている自分も気持ち良く、さらに聴いている人の心を魅了する歌声を引き出したいと思っています。ポップス、ロック、オリジナルソングを得意としています。現場経験を生かし、即レコーディングやライブで役立つレッスンを心がけています。

岩鶴優太

担当:少人数コーラスクラス、ヴォーカル


神奈川県茅ヶ崎市出身

桐朋学園大学卒業。同大学院修士課程修了
2019年4月二期会オペラ研修所マスタークラスへ編入合格。
第3回K音楽コンクール奨励賞受賞。

BS-TBS『日本名曲アルバム』にアミーチ桐の花のメンバーとして出演。

これまでに松井康司、大島幾雄、両氏に師事。
大学在学中にG.ジット、C.プレガルディエン、両氏のマスタークラスを受講。

これまでにオペラでは『蝶々夫人』ピンカートン役(カヴァーキャスト)、その他『椿姫』、『フィガロの結婚』、『トスカ』、『ルチア』など多数のオペラに参加。

2020年5月二期会Days『オペラ光太夫』へ正蔵役、同年9月YNO新作オペラ『三銃士』へキャストとして、それぞれ出演予定。

演奏活動の他にも様々な活動をしている。

2016年、大学在学中に声楽ユニットPaprikaを立ち上げ2017年3月に自主公演を行う。
2018年6月、男性声楽家8人を集め開催した「歌男舞踏会」を企画し開催。
2018年6月よりテノール歌手・野村京右と共に企画した「Go!Men’s!!」シリーズをスタートさせる。

このシリーズは現在まで恵比寿アートカフェフレンズでの公演を4回開催し成功させている。

またYouTubeチャンネル「Go!Men’s!!TV」を立ち上げ、演奏の他にもYouTuberとしても活動している。今後もGo!Men’s!!シリーズは継続して行っていく。

この他にも、司会、コンサート制作を多数行い、幅広く活動をしている。

■公式ブログ
https://ameblo.jp/tenortsuruchan

Go!Men’s!!  YOUTUBE
https://www.youtube.com/channel/UCbM2XiQOKaJo5eYMR4-AJoA

【一言コメント】
クラシックの発声は確かに難しいものがあります。ですが、基礎から丁寧に学ぶ事で様々なジャンルの音楽を歌う際に強く活きる技術となります。

皆様一人一人の感覚に寄り添ってお教え致します。